苦行記録

有益な情報は特にありません.

全日本大会2018

結果

ハーフ決勝:リタイア

クラシック:6秒117(11位,フレッシュマン特別賞)

でした。

 

副賞で頂いた、アールティさんのマイクロマウス本「マイクロマウスではじめよう ロボットプログラミング入門」は、後でじっくり読ませていただきます。

 

・ハーフ

調整時には一切起こらなかった、MDのはんだクラックが本番になって突然起こり、迷路の床や、スタート区画の壁に何度かぶつけると確率的にモータが回るという状態で、探索どころではありませんでした。

はんだ付けが汚かったことや、MDにジャンパー線を生やしたことが要因だと考えられますが、運が悪かったとしか言いようがありません。

ただ、走り出しても壁切れを読むタイミングがズレていたりして、不安定な走りだったので完走はできませんでした。

 

・クラシック

出題された迷路は、90度と180度ターンだらけで、斜めターンがあまりない迷路でした。

そのため、出走までの時間を用いて、大回り90度の新しいターンパラメータを即興で調整して作りました。

その結果、特にトラブルもなく、また、運良く5走目の経路選択をミスしたおかげか、90度ターンが多めの経路を通り、6秒前半でゴールできました。

ただ、優勝した方が5秒を切っていたのを見ると、自分もせめて6秒は切りたかったなというのが、完走した感想です。

↓Detonatorは今年度でたぶん引退なので、需要があるか分かりませんが、MAXパラメータを追記しました。

 

 

今後の予定

これにて一応、マイクロマウス2018のシーズンは終了になります。

なのでクラシック、ハーフともに新作の設計を始めます。

これをやりたいというイメージは両者ともにあるので、後々。

(それとトレーサーもできればやりたいなぁ…なんて…)

 

次はCheese杯でお会いしましょう。

シーズンお疲れ様でした。

 

おまけ

去年のマウス始めた年の全日本大会のツイートです。

おわり